コクログ -中小企業診断士チャレンジ日記-: 2006年05月 Archives

2006年5月31日(水)

5月の歩数 [ゴルフ/スポーツ/体力増強]

今月の歩数は374,820歩でした。うーーん、すっかり減っちゃってます。「朝早く起きられなかった分を、電車を使って通勤時間を短縮することでカバーし、なんとか朝勉の時間を確保する」というパターンが増えてますねー。電車を使った分だけ、歩数が減っちゃてます。改善の方向性は...何かの時間を削るしかないとしたら、やっぱ、仕事の時間を減らしたいなー。

100%仕事モード [会社]

午前3時、やっと提案書が完成しましたー。あとはこれを正午までにお客さんに届けてもらえばOKです。ここ数日は土日も出勤、毎日深夜までフル回転で、頭の中はすっかり100%仕事モード。この前は「仕事が忙しい時こそしっかり勉強しなきゃ」なんてえらそうなことを書いちゃいましたが、いやー、睡眠時間を確保することだけで精一杯...

半月後にはまた次の提案の波が来るので、それまでにしっかり勉強せねば。さっそく明日からは勉強モードに戻します。

2006年5月26日(金)

仕事が忙しい時こそ [会社]

やっぱり、仕事が忙しくなってしまいました。今月末までに提出しなければならない提案書作成のため、土曜日も日曜日も休日出勤決定です。MMCの講義がない今週だったことが、せめてもの救いかな。(先週や来週じゃなくて良かった。) こういう時は忙しさに流されがちなので、スキマ時間を貪欲に見つけてガシガシ勉強していかないとね。

2006年5月22日(月)

レストラン キクヤ [食事処/飲み会/旅行]

明日からは仕事がかなりハードになることが予想されるので、今日のうちに少しでも勉強しておこうと思って、早めに会社を出ました。コーヒーショップで勉強する前にどこかで晩飯を食べようと思いながら歩いていたら、前々から気になっていた「レストラン キクヤ」が目に入りました。なんともなつかしい感じの洋食屋さんです。オムライス・コロッケ付きをいただきました。

レストラン キクヤ

基本的に食べ過ぎらしいです [生活]

郵便局に行った後は、GW連休前に血液検査と検尿をしたので、その結果を聞きに会社の診療所に行って来ました。歩くことは続けているし、前回より悪い結果が出ることはありえないと思っていたのですが...がーーん、コレステロールと中性脂肪が増えてました。

なるべく歩くようにしているのはいいが、基本的に「食べる量が多いのではないか」とのこと。そ、そうだったのかぁー。仕事がきつくなってイライラしてくると、チョコレートとかキャラメルとかバカ食いしちゃうもんなー。ああいうのがダメなんだろうなぁー。

ちなみに、kokの適正エネルギーは1800kcalだそうです。これ以上食べると太ると言うことですね。とりあえず、この数字を意識していくことにしましょう。

1次試験受験申込み [中小企業診断士]

今日から1次試験の受験申込み開始です。kokはさっそく、郵便局に行って来ましたよ。さーて、経済とか法務とか中小企業政策とかやんなくっちゃねー。いまさらテキストを読むよりは、模試とかを受けてその復習をきっちりやった方がいいと思っているのですが...あー、マンパの模試は6月10日、11日かぁー。日商簿記検定と重なっちゃうなー。どうしようかな。

2006年5月20日(土)

MMC第2回模擬試験 [中小企業診断士]

今日はMMCの第2回模擬試験でした。ここんとこ仕事でバタバタしていて準備万端とはいかないものの、これまでやった成果がどれほど実践で出せるものか、ちょっと楽しみだったのですが...「うーん、もうちょっとできると思ったのになぁー」というのが正直な感想です。

組織事例では、切り口や因果に気をつけながら、「おー、けっこうイイカンジで書けてんじゃないの」 と思いつつ夢中で書いていたものの、気がつくとタイムアウト。モラールサーベイの問題が半分しか書けませんでした。「いまだに空欄作るかなー」とがっかり。

マーケ事例では、タイムアウトを警戒して、時間がかかりそうな問題から思いつくままどんどん解答。できあがってみると、ダブりまくり。解答の中に「家族とのゆったりとした時間を過ごすための」が何度も何度も出てきます。空欄を埋めることだけに夢中になって、切り口、因果、キーワード化、すべて意識の中から飛んじゃってました。これはかなりヒドイ...

生産事例では、「おっ、文字数少ない。これは書き方で差がつく問題だな」と思い、再び切り口や因果を意識した文章を作っていたら、やっぱり後半に時間がなくなって、最後の方は思いつくままなぐり書き。

財務事例は、あとで見直してみればどれも簡単な問題でした。もう少しクールな頭で解いていればなぁ...なんて、そもそもクールな頭なんて持ち合わせていないのだった...これは高得点の人が多いと思います。みんなが解ける問題で失点しちゃあいかんよなー。

模試が終わって外に出ると雨が降っていたので、コンビニでビニール傘を買って、悶々としながら帰途へ。新富町まで来ると雨はやみ、ふと見ると、聖路加ガーデンの方に虹がかかってました。希望を捨てず頑張れということか。そう言えば、空はもうすっかり夏の色です。夏といえば1次試験(笑)。今日の復習はさっさと済ませ、来週からは1次の勉強に注力します。


2006年5月19日(金)

忙しいし、やかましいし [会社]

GW連休明けから新しい組織に変わり、にわかに急がしくなってきました。今月末まで提案をひとつまとめなければならないのに、今日はまた別の提案がひとつ増えてしまいました。うちの職場には提案活動とかをやったことがあるメンバーがほとんどいないので、自分でやるしかありません。通常の業務ももちろんあるので、けっこうたいへんです。

それに加え、新しい上位上司(上司の上司)がなんというか、困りものなのですよ。口やかましい人で、何か思いつくたびに何度も何度も電話してきます。言ってる内容自体は的を得てることも多いのですが、なんでもないことでも怒鳴るようなしゃべり方なのと、電話してくる頻度が多いので、ホント参ってます。あんなんじゃ、部下の中にはノイローゼになる人もいるんじゃないかなぁー。

2006年5月15日(月)

今年は顕微鏡にしました [生活]

今日、楽天市場から、甥の誕生日が1週間後であることを知らせるメールが届きました。ここんとこ忙しいし、忘れないうちにプレゼントを手配しとかなきゃと思って、さっそく注文。今回はあまり悩まず「顕微鏡」にしときました。kokも子供のころ顕微鏡を誰かにもらって、けっこう遊んだのを思い出したので。でも、今の子供はああいうので遊ぶのかな?

ところで、前々から思っているのですが、誕生日プレゼントとかを考えるのってけっこうたいへんじゃないですか。そりゃあ、付き合い始めたばかりの恋人同士とかなら、自分でプレゼントを選ぶべきだし選ぶこと自体が楽しいでしょうけど、もう付き合いが長い相手や実はよく知らない相手への毎年毎年のプレゼントって考えたり探したり手配したりってたいへんですよねー。

こういうのを代行してくれるサービスってないもんですかね。「プレゼント代行サービス」あるいは「プレゼントアドバイザー」的なもの。たとえば、贈る相手の誕生日とか相手との関係とか予算とかを登録しておくと、当日の2週間ぐらい前にメールで、「今年はこの商品を贈ったらいかがでしょうか」というようなアドバイスをくれるとか。商売になりませんかね。

2006年5月14日(日)

MMC2次対策マスター講座15回目 [中小企業診断士]

今日のMMCの講義は財務事例。難しい問題は1問ぐらいで、あとはやれば解ける問題だったのですが...80分では時間が足らない。空白を作ってしまいました。それでも自分では「まあ、よくできた方だよ」と思ったりしたのですが...ふと見ると、隣の人はきっちり全部埋めてました。

その人が一番成績が良かったわけなんですが、率直にスゲーーーーと思います。うーーん、どうやったらあんなに早く書けるんだろう?

2006年5月12日(金)

1次試験の受験申込書をもらってきました [中小企業診断士]

今朝、「中小企業診断士になるよ!」さんのエントリーを拝見していて、1次試験の受験申込書がもう配布になっていることに気づきました。それで、今日の夕方、外出の際に銀松ビルに寄って、受験申込書をもらってきました。申込期間は5月22日から6月5日までです。写真は試験当日までに用意すれば良いようですね。

来週末にはMMCの第2回模擬試験があるので、それまでは2次の勉強、それ以降は1次の勉強に切り替えていかなくてはなりません。が...GW連休明けから職場が新しい体制になり(今晩はそのキックオフと懇親会がありました)、いろいろと忙しいことになりそうです。

時間を盗むように貪欲にガシガシと勉強するべし!!

2006年5月7日(日)

空欄を埋めりゃあいいってもんじゃない [中小企業診断士]

昨日と今日はMMCの「合格の記述力:徹底マスター」に参加。始めに800字で解答を作って、それを400字→200字→100字と言う風に短くしていく練習をしました。100字の解答を作る場合でも200字の内容を考えて、それを圧縮して100字にしないと密度の濃い競争力のある解答は作れない。空欄を埋めるのに精一杯な状態じゃ、話にならないわけですよー。

あー、GW連休が終わっちゃいますねー。まぁ、けっこう勉強できたし、よしとするか。

2006年5月3日(水)憲法記念日

製造原価報告書が見えない!? [中小企業診断士]

今日はMMCで「財務事例徹底ときまくり」に参加、財務ばっかり3事例をやりました。財務特訓の成果が少し感じられたものの、「惜しい、あともうちょっと頑張れば点数が伸びたのにねー」と言った感じ。

今日、気づいたこと。意外に計算ミスは少ないってこと。今日はほとんど計算ミスはしていない。その代わりに、設問の制約条件の読み落としが非常に多い。設問を見て、「あっ、これは○△×の問題だ」とわかると、設問をよーく読まずに計算にかかってしまうってことですね。これは財務事例以外でも言えること。

今日、極めつけだったのが、「製造原価報告書を丸ごと読み落とした」ってこと。試験が終わって、解説講義を聴くまで製造原価報告書があることに気づかなかった...もちろん製造原価報告書は問題文にでかでかと掲載されていたのですが、どういうわけか目に入らなかった...まさに節穴。このミスには自分でも愕然としましたよ。そりゃあ、キャッシュフロー計算書も合わないさー。

2006年5月2日(火)

〆切効果 [生活]

昨日は特に予定のない休日でしたが、一日中ゴロゴロと過ごしてしまいました。一方、今日は客先との打ち合わせがあったので出勤しましたが、打ち合わせが終わった後はコーヒーショップできっちり勉強しました。こんな風に、使える時間が限られている時の方が、集中してできるってことありますよねー。